fbpx
インフルエンザ薬「イナビル」の予防効果とは?副作用も解説

インフルエンザ薬「イナビル」の予防効果とは?副作用も解説

毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。

「職場や学校のメンバーがインフルエンザになったけど、絶対にかかりたくない」
「家族がインフルエンザになったが、自分がかかるわけにはいかない」
など、いち早く処方をすべきか検討が必要な方もいるでしょう。

今回は、インフルエンザの治療・予防に使われる薬「イナビル」を紹介します。効果や使い方、副作用なども解説してまいります。

インフルエンザ薬「イナビル」の予防効果・特徴とは?

イナビルは、A型・B型インフルエンザの治療と予防のどちらにも利用されます。インフルエンザウイルスが体内で増殖することを防ぎ、発病や重症化を防ぎます。だからこそ、予防・治療ともに2023年現在の日本でも多く利用されています。患者と接触してから36時間以内に服用すると高い予防効果を発揮するため、以下のような場面で多く利用されています。

・家族がインフルエンザになったが、自分はどうしてもかかりたくない時
・仕事仲間が感染したが、重要な会議が控えておりインフルエンザになりたくない時


また、粉末状の吸入薬であり、1回吸入すれば10日間の予防効果が見込めるという利便性も人気の要因です。しかし、1回の吸入では10日以降の予防効果はありませんのでご注意ください。

インフルエンザ薬「イナビル」の使い方

flu-inavir

【①:薬剤を集める】
容器を縦にします。薬剤トレーをスライドする前に「トントン」と叩き、薬を下に集めましょう。

【②:左側の薬のスライド】
シールが貼っている面を手前に向け、①と書いてある部分を右へ押し、スライドします。

【③:吸入】
正面を向き、息を吐いてから吸入容器の口をしっかりくわえます。この際、吸入容器は傾けて問題ありません。勢いよく吸い込んだら容器を口から外し、3〜5秒間息を止めます。その後通常の呼吸に戻ってください。

【④:右側の薬のスライド】
シールが貼っている面を手前に向け、②と書いてある部分を左へスライドさせます。

【⑤:吸入】
【③:吸入】と同じように吸入します。

【⑥:②~⑤の再実施】
薬が余っている場合がありますので、もう一度左右それぞれの薬を吸入します。


※注意点として、下記のような点がありますので確認しましょう。
・容器の下にある空気孔をふさがないようにしましょう。
吸入口は奥までしっかりくわえて利用しましょう
・下を向いたまま吸入せず、体を起こして吸入するようにしましょう。

インフルエンザ薬「イナビル」の副作用や向かない人とは?

イナビルは副作用がほとんどない薬と言われています。もし、蕁麻疹や息苦しさを感じた場合は、すぐに吸入をやめて、医師に相談しましょう。また下記のような方は、医師と相談の上服用はなるべく避ける方が良いでしょう。

・喘息などの呼吸器疾患をお持ちの方
・妊娠中や授乳中の方
・過去に乳製品にアレルギー発症したことがある方


ただし、イナビルは乳糖水和物という物質が含まれています。そのため、牛乳アレルギーをお持ちの方はアレルギー症状が発生する可能性があります。乳製品でアレルギーをお持ちの方は、きちんと医師にアレルギーの有無を伝えましょう。

その他インフルエンザ薬との比較

インフルエンザの治療・予防に利用できる薬として、イナビルの他に
・リレンザ
・タミフル

などもあります。イナビルと比較検討するためにも、各予防薬の特徴を見てみましょう。

リレンザ

リレンザの写真

リレンザもイナビルと同様に、粉末状の吸入薬です。1日1回の吸入を10日間継続する薬で、多く利用されているインフルエンザ薬です。ただ、吸入することが難しい5歳未満の子どもには少し不向きな薬と言えるでしょう。また喘息などの呼吸器疾患をお持ちの方は、発作を誘発する可能性があります。また、乳糖水和物という物質を含むため、牛乳アレルギーをお持ちの方は避けましょう。その他特徴として、イナビルに比べると、薬価は低いケースが多いのが利点の一つです。しかし吸入回数がイナビルよりも多く、手間がかかるというデメリットもあります。

タミフル

タミフル_医薬品の写真
タミフルは、最も早く開発されたインフルエンザ薬です。カプセルタイプとドライシロップタイプの2種類がある飲み薬です。これも1日1回の服用を10日間継続する薬です。カプセルを飲みにくい子供には、ドライシロップタイプを処方されることがあります。しかし、ドライシロップタイプは苦いので注意しましょう。リレンザやイナビルよりも薬価が低いケースが多いのも利点の一つです。

インフルエンザ薬「イナビル」を処方してもらうには?

もし「イナビルやリレンザ、タミフルなどのインフルエンザ薬を予防に使いたい」場合は、かかりつけの内科に相談してみましょう。適切なインフルエンザ薬を処方してもらうことが出来るでしょう。ただし、予防での処方は保険適用外です自費診療(イナビルの場合、9500円程度が相場)となる点も注意しましょう。

「忙しくて病院に行く時間がない」という方はオンライン診療の利用も良いでしょう。オンライン診療は完全予約制で、夜も対応可能なクリニックもあります。私たちデジタルクリニックグループも、オンラインで24時間365日診療が可能です。当院はインフルエンザ予防内服薬を取り扱っております。診療予約をご希望の方は、お気軽に下記からご予約ください。

イナビルのオンライン診療予約はこちら

作成:デジタルクリニックグループ医師