fbpx
禁煙のおすすめ方法・コツとは?タバコをやめる方法を解説

2024.02.15

禁煙のおすすめ方法・コツとは?タバコをやめる方法を解説

今回は、禁煙の方法について解説していきます。「タバコをやめよう」と何度も考え、実行したけどうまくいかない。そんな方も多いのではないでしょうか。今回は、タバコの依存度別に禁煙を成功させる方法を紹介します。

禁煙することのメリット

再三言われてきたことだと存じますが、禁煙することのメリットは何だと思いますか。すぐに思いつくのは、健康面への好影響でしょう。
・タバコ1本を吸うごとに寿命が14分ほど短くなる
・高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、肺がんなどのリスクが低下する
など、枚挙にいとまがありません。

その他、タバコ代がかからないという経済的なメリットも挙げられます。1日1箱タバコを吸う方なら、1か月で約18,000円、1年で約21万円ほどタバコ代が発生します。これだけの費用が無くなるなら、家計に大きな影響があるでしょう。また、1本あたり4分ほど吸うのに時間がかかります。1日1箱タバコを吸う方は、1箱で1時間20分、1か月で40時間、1年で40日をタバコを吸うためだけに時間を費やしています。忙しいビジネスパーソンにとっては、時間的なメリットも大きいと言えるでしょう。

それでは、禁煙を成功させるにはどんな方法があるでしょうか。具体的に見ていきましょう。

禁煙方法①:自分の習慣を変える

タバコへの依存度が低い方は、習慣や意識を変えるだけでも禁煙成功できます。具体的な対応方法について見ていきましょう。

タバコとライターを処分する

まずは、タバコを吸えない環境に身を置くことが第一歩です。禁煙成功できる自分を信じて、タバコもライターも捨ててみましょう。

周囲に禁煙を宣言する

職場の同僚や、家族、友人に禁煙を始めることを宣言してみるのも有効です。他者に宣言すれば「周りから『意思が弱い』と思われたくない」と考え、努力するパワーが生まれるでしょう。

ガムや飴、お菓子などで代用する

タバコを吸い続けていると、「休憩する=タバコを吸う」という習慣が定着しています。口が寂しい場合は、タバコではなく、ガム等の代用品を用意してみましょう。

禁煙アプリを使う

自分の意思だけで頑張ることは辛いもの。その場合は、禁煙アプリを用いることも良いでしょう。どれだけ節約できているのか、健康に良い効果があるのかを可視化してくれます。是非、スマートフォンに禁煙アプリを導入してみましょう。

禁煙方法②:ニコチン製剤や飲み薬を用いる

ヘビースモーカーにとっては、意思だけで禁煙を行うことはかなり苦しいものです。それはニコチン切れという症状が発生し、イライラしたり集中力が欠けたりするからです。このような症状で禁煙に失敗した方は、次のような方法も検討してみましょう。

ニコチンガムを使う

ニコチンを含むガムを使用することで、喫煙をやめる禁煙方法です。体内からニコチンが不足すると、「タバコを吸いたい」という気持ちが発生します。そこでニコチンを含むガムを利用します。その後、徐々にニコチン量を減らしていくことで、禁煙もニコチン依存も治す方法です。ポイントとしては、ニコチンガムの摂取量も徐々に減らすことが重要です。タバコと同じ感覚で利用しつづけると、「ニコチンガムへの依存」が起きてしまいます。なお、市販薬として販売されていますので、手軽に購入することが可能です。

■ニコチンガムが向いている人
・1日1箱以下の低~中程度のスモーカー
・口寂しさから禁煙ができない人

ニコチンパッチを使う

ニコチンガムと同様に、ニコチン不足の辛さを軽減しながら禁煙できる方法です。1日1枚体に貼ると、ニコチンが体内に吸収されていきます。仕事柄、日中にニコチンガムを嚙むことが難しい方は、ニコチンパッチを利用してみてもいいでしょう。市販薬としても販売しており、ドラッグストアや薬局で購入も可能です。禁煙成功率は、ニコチンガムと同程度と言われています。

■ニコチンパッチが向いている人:
・喫煙数が1日1箱以下のスモーカー
・仕事柄、ニコチンパッチを噛むことができない方

飲み薬(バレニクリン)を用いる

禁煙を補助する薬としてバレニクリンという飲み薬(チャンピックスの後発医薬品)があります。薬の商品名をチャンピックスと言い、有効成分のことをバレニクリンと言います。これは市販薬ではなく、医療機関から処方される薬となります。なお、バレニクリンの大きな特徴としては、大きく2つあります。

①禁煙成功率の高さ

バレニクリンの禁煙成功率は約7割ほどと言われています。ニコチンパッチやニコチンガムと比べても、禁煙成功率は高い数値となっています。これはバレニクリンを用いると、タバコがおいしく感じなくなるからです。それでは、なぜバレニクリンはタバコを求めなくなるのか。そのメカニズムは以下です。

②ニコチンを含まない

喫煙をすると、ニコチンは「α4β2ニコチン受容体」と結合し、ドーパミン(快楽物質)を放出させます。バレニクリンは、このニコチンのようにα4β2ニコチン受容体と結合します。そのため、バレニクリンを服用すると「ニコチンを吸収していると勘違いする」ような状態になります。そして、ニコチンを摂取せずともドーパミンを放出させるため、ニコチンを摂取せずとも「タバコを吸いたい」という気持ちを抑えるのです。

ただし、副作用としてめまいや眠気などが発生することもあります。そのため、自動車などの機械の運転が必要な方は、医師に相談したうえで処方の判断を仰ぎましょう。

■バレニクリンが向いている方:
・1日1箱以上喫煙するヘビースモーカー
・どうしても禁煙したい方
・何度も禁煙に失敗している方

禁煙方法を医師に相談したい場合は

バレニクリンの処方には病院に訪れる必要があります。そのため、「禁煙したいのに仕事が忙しくて病院に行けない」という方も多いでしょう。その場合は、オンライン診療を受けるのも一つです。オンライン診療であれば、待ち時間なしでPCやスマホ上から、治療薬を服用すべきか医師に相談できます。デジタルクリニックグループも、バレニクリンやニコチンパッチの処方を相談可能です。診察は事前予約制ですので、予定も立てやすいようにしております。お気軽にお問い合わせください。

禁煙治療のオンライン診療

作成:デジタルクリニックグループ医師