fbpx

急性膀胱炎 内服治療

膀胱炎

女性に多い膀胱炎を
オンラインで治療

来院不要、オンラインで完結 イメージ

来院不要、オンラインで完結

お薬はポスト投函で受取不要 イメージ

お薬はポスト投函で受取不要

当日予約OK、最短当日発送 イメージ

当日予約OK、最短当日発送

膀胱炎

Concern

お悩み イメージ

こんなお悩み
ありませんか?

  • 排尿痛がある
  • 残尿感がある
  • 尿が白濁している
  • トイレに行く頻度が増えた

Type of Cystitis

膀胱炎の種類

膀胱炎とは、膀胱の粘膜が炎症を起こした状態です。

一般的に知られる膀胱炎は急性膀胱炎を指すことが多く、

細菌(主に大腸菌)が尿道を通り、膀胱が炎症を起こします。

Recurrence Risk

膀胱炎は再発しやすい病気?

膀胱炎は再発しやすい病気の一つです。

女性は尿道が短く、肛門に近いため、膀胱炎リスクが高い傾向があります。

 

急性膀胱炎を繰り返すと、腎盂腎炎などの深刻な疾患のリスクが高まります。

早めに治療をすることが重要です。

アイコン

来院不要、オンラインで完結

オンラインで医師の処方を受け、医薬品は自宅までお届け。治療中の不明点などはチャットで相談も可能です。毎月の通院が不要で医療用医薬品を用いた治療ができます。
イメージ画像
アイコン

お薬はポスト投函で受取不要

医薬品は最短当日発送で自宅までお届け。ポストに投函されるので受け取りは不要です。
イメージ画像
アイコン

当日予約OK、最短当日発送

最短1時間後から予約が可能で、12時までのご決済で医薬品は当日発送されます。
イメージ画像

来院不要、オンラインで完結

オンラインで医師の処方を受け、医薬品は自宅までお届け。治療中の不明点などはチャットで相談も可能です。毎月の通院が不要で医療用医薬品を用いた治療ができます。
イメージ画像

お薬はポスト投函で受取不要

医薬品は最短当日発送で自宅までお届け。ポストに投函されるので受け取りは不要です。
イメージ画像

当日予約OK、最短当日発送

最短1時間後から予約が可能で、12時までのご決済で医薬品は当日発送されます。
イメージ画像

Steps

ご利用の流れ

スマホやPCで予約から決済まで!
自宅で診察を受けることができ、待ち時間も短縮に。
お薬はご自宅に最短翌日にお届け。

STEP

01

スマホで問診
オンラインで診察

STEP01 イメージ STEP01 イメージ

HPのフォームよりご予約ください。
お好きな日時を選び、基本情報・事前問診の入力をします。
ご指定の診察日時になりましたらクリニックから電話いたします。

診察料について

診察料は初回のみ1,650円かかります。
2回目以降は0円です。継続しやすい料金体系で、あなたの健康をサポートします。
治療にかかる費用は、【初診料・お薬代・配送料】です。

STEP

02

目立たない梱包で
最短翌日お届け

STEP02 イメージ STEP02 イメージ

医師との診察後、最短当日に医薬品が発送されます。伝票は、ご依頼主「同上」/品名「日用品」と記載されているため、クリニックとわからないように発送されます。ポスト投函なので受け取りで顔を合わせることもありません。

配送料について

配送料は全国一律550円、クール便の場合は1,100円かかります。また、コンビニ後払いまたは代引きをご利用の場合は、各種手数料として330円が発生します。

STEP

03

いつでもチャット
継続ケア

STEP03 イメージ STEP03 イメージ

いつでもメッセージを送信して、
治療の継続・副作用の懸念またはその他の質問や懸念について相談できます。

チャットに関して

デジタルクリニックグループの公式ラインでいつでもメッセージが可能です。
一切費用はかかりませんのでお気軽にご相談ください。

Plan

治療プラン

治療中の不明点や不安な点はいつでもチャットでご相談ください。

初診料

1,650円

 / 

再診料

0

内服薬

処方薬: レボフロキサシン

膀胱炎は抗菌薬の投与が主な治療方法です。

プラン・料金

レボフロキサシン
3回分
7,273円
税込8,000円

※レボフロキサシン錠500mg/3錠の処方です。

私たちの治療は複数の医学研究の
エビデンスに基づいています。

Drugs

処方薬について

膀胱炎に応じた薬を処方します。

レボフロキサシン
レボフロキサシン

97.4%

急性単純性膀胱炎への有効率

レボフロキサシンは細菌のDNA合成を阻害する作用があり、膀胱炎の治療に効果を発揮します。

MORE

レボフロキサシンはニューキノロン系抗菌薬であり、細菌のDNAジャイレースとトポイソメラーゼIVを阻害することにより、DNA複製と修復を妨げます。

これにより、細菌の増殖を抑制し、細菌感染症を治療します。主に呼吸器、尿路、皮膚の感染症に効果があります。

国内第Ⅲ相試験において、膀胱炎への有効率は84.5%(120/142例)、腎盂腎炎への有効率は73.3%(11/15 例)という結果を示しました。

 

出典:レボフロキサシンの有効率及び安全性について

利用方法

通常、成人には1回500mgを1日1回1錠を3日間経口投与します。

 

1日1回1錠
1日1回1錠を水やぬるま湯で服用してください。
食前または食後に服用
食事の摂取により吸収率が変化しないため、食前または食後に服用します。
副作用

以下の副作用が現れる場合がございます。

・発疹

・め ま い

・不 眠
・頭痛

・ALT上昇

・LDH
・上昇

・AST上昇

・白血球数減少
・好酸球数増加
・好中球数減少
・血小板数減少

・悪心

・嘔吐

・下痢

・腹部不快感
・食欲不振

使用できない人

【禁忌】

・本剤の成分又はオフロキサシンに対し過敏症の既往歴のある患者

・妊婦又は妊娠している可能性のある女性

・小児等

 

出典:レボフロキサシン添付文書

FAQ

よくある質問

治療に関する情報や、自宅でできる簡単なケア情報などをお届けいたします。

Question

膀胱炎の初期症状を教えてください

Answer

頻尿や排尿痛、残尿感、尿の白濁などの症状がある場合、膀胱炎の可能性があります。放っておくと症状が悪化する場合がありますので早めに治療を受けるようにしましょう。

Question

どれくらいの期間で治りますか?

Answer

抗菌薬を服用して5~7日程度で治ることがほとんどで、早い場合は1~2日で症状が治ります。症状が改善しない場合は、複雑性膀胱炎や膀胱炎以外の病気の可能性もあるため再度クリニックにご相談ください。

Question

膀胱炎を放置するとどうなりますか?

Answer

適切な治療をせずに放置すると、発熱、嘔吐、背中や腰の痛みなどの症状が現れる腎盂腎炎を引き起こす可能性があります。早期治療が重要です。