fbpx

検診で異常を指摘されたが忙しくて病院に行く時間がない方

痛風/高尿酸血症

痛風を抑える薬ならオンライン診療で

来院不要、オンラインで処方 イメージ

来院不要、オンラインで処方

最短当日診察・発送で明日からスタート イメージ

最短当日診察・発送で明日からスタート

来院不要のオンライン診療 イメージ

来院不要のオンライン診療

痛風/高尿酸血症

Concern

お悩み イメージ

こんなお悩み
ありませんか?

  • 検査で異常を指摘されているが、忙しくて通院の時間がない方
  • 痛風の痛みがあり、すぐに診察してもらいたい方
  • 足の親指、膝、足首、手首などに激痛が走る
  • 現在治療中で薬だけ処方してもらいたい方

ABOUT

高尿酸血症
について

人によっては非常に強い痛みを伴う”痛風発作”を引き起こすことが知られています。

痛風発作は繰り返しやすいのでお薬での治療が必要となります。

なにも症状がなくても尿酸値が8.0mg/dLを超える場合には薬物療法が推奨されています。

CAUSE

高尿酸血症の
原因

普段の食生活と強く結びついており、原因としてアルコール摂取、特にビールの飲みすぎがよく知られています。

高尿酸血症を指摘された・疑いがある場合にはお酒との付き合い方を見直してみましょう。

他にもプリン体(鶏卵・魚卵・肉・魚など)の過剰摂取でも尿酸値が高くなることが知られています。

 

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット:高尿酸血症

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット:高尿酸血症の食事

SYMPOTOMS

高尿酸血症の
症状

高尿酸血症そのものは基本的に無症状です。

尿酸値が高い状態が続くと、やがて尿酸は結晶化し、様々な病気を引き起こす原因に繋がります。

 

 

高尿酸血症

 

 

痛風発作(痛風関節炎)は、強い痛みや腫れを生じることが多く、足の親指の付け根が好発部位として知られています。

このように、高尿酸血症はさまざまな病気につながる可能性があるので、放置は禁物です。

 

 

出典1:日本腎臓学会CKD診療ガイド

出典2:日本動脈硬化学会 動脈硬化性疾患予防ガイドライン

出典3:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第3版

METHOOD

治療方法に
ついて

治療方法としては薬物治療を行います。

尿酸生成抑制薬はアロプリノールやフェブキソスタットが含まれ、これらの薬は尿酸の生成を抑えることで血中の尿酸値を低下させます。

尿酸排泄促進薬はプロベネシドやベンズブロマロンがあり、これらは尿中への尿酸排泄を促進することで効果を発揮します。

 

出典:日本痛風・核酸代謝学会

アイコン

来院不要、オンラインで処方

オンラインで医師の処方を受け、医薬品は自宅までお届け。治療中の不明点などはチャットで相談も可能です。毎月の通院が不要で医療用医薬品を用いた治療ができます。
イメージ画像
アイコン

最短当日診察・発送で明日からスタート

当日予約OK、24時間365日診察対応しております。
イメージ画像
アイコン

来院不要のオンライン診療

病院で待つ必要はありません。オンラインで医師の処方を受け、医薬品は自宅までお届け。治療中の不明点などはチャットで相談も可能です。
イメージ画像

来院不要、オンラインで処方

オンラインで医師の処方を受け、医薬品は自宅までお届け。治療中の不明点などはチャットで相談も可能です。毎月の通院が不要で医療用医薬品を用いた治療ができます。
イメージ画像

最短当日診察・発送で明日からスタート

当日予約OK、24時間365日診察対応しております。
イメージ画像

来院不要のオンライン診療

病院で待つ必要はありません。オンラインで医師の処方を受け、医薬品は自宅までお届け。治療中の不明点などはチャットで相談も可能です。
イメージ画像

Steps

ご利用の流れ

スマホやPCで予約から決済まで!
自宅で診察を受けることができ、待ち時間も短縮に。
お薬はご自宅に最短翌日にお届け。

STEP

01

スマホで問診
オンラインで診察

STEP01 イメージ STEP01 イメージ

HPのフォームよりご予約ください。
お好きな日時を選び、基本情報・事前問診の入力をします。
ご指定の診察日時になりましたらクリニックから電話いたします。

診察料について

診察料は初回のみ1,650円かかります。
2回目以降は0円です。継続しやすい料金体系で、あなたの健康をサポートします。
治療にかかる費用は、【初診料・お薬代・配送料】です。

STEP

02

目立たない梱包で
最短翌日お届け

STEP02 イメージ STEP02 イメージ

医師との診察後、最短当日に医薬品が発送されます。伝票は、ご依頼主「同上」/品名「日用品」と記載されているため、クリニックとわからないように発送されます。ポスト投函なので受け取りで顔を合わせることもありません。

配送料について

配送料は全国一律550円、クール便の場合は1,100円かかります。また、コンビニ後払いまたは代引きをご利用の場合は、各種手数料として330円が発生します。

STEP

03

いつでもチャット
継続ケア

STEP03 イメージ STEP03 イメージ

いつでもメッセージを送信して、
治療の継続・副作用の懸念またはその他の質問や懸念について相談できます。

チャットに関して

デジタルクリニックグループの公式ラインでいつでもメッセージが可能です。
一切費用はかかりませんのでお気軽にご相談ください。

Plan

治療プラン

高尿酸血症に対して作用の異なる2つの薬剤を採用しています。

発作を起こしている方に対しての痛みを抑える治療も可能です。

初診料

1,650円

 / 

再診料

0

尿酸降下薬プラン

処方薬: アロプリノール(ザイロリックジェネリック)

肝臓で、尿酸を生成する酵素の働きを抑えます。

プラン・料金

アロプリノール(ザイロリックジェネリック)
1ヶ月定期3ヶ月定期
5%OFF
6ヶ月定期
10%OFF
12ヶ月定期
15%OFF
151円/日
(税込166円/日)
合計5,000円
143円/日
(税込158円/日)
合計14,250円
136円/日
(税込150円/日)
合計27,000円
129円/日
(税込142円/日)
合計51,000円

・アロプリノール(ザイロリックジェネリック) 60錠/月
※期間の縛りはございません。 プランの変更や停止は、公式 LINEにてお手続きが可能です。

痛風発作治療プラン

処方薬: ベンズブロマロン(ユリノームジェネリック)

尿細管における尿酸の再吸収を特異的に抑制し、尿酸の尿中への排泄を促進させ、尿酸値を低下させるお薬です。

プラン・料金

ベンズブロマロン(ユリノームジェネリック)
1ヶ月定期3ヶ月定期
5%OFF
6ヶ月定期
10%OFF
12ヶ月定期
15%OFF
151円/日
(税込166円/日)
合計5,000円
143円/日
(税込158円/日)
合計14,250円
136円/日
(税込150円/日)
合計27,000円
129円/日
(税込142円/日)
合計51,000円

・ベンズブロマロン(ユリノームジェネリック) 30錠/月
※期間の縛りはございません。 プランの変更や停止は、公式 LINEにてお手続きが可能です。

痛風発作抑制プラン

処方薬: コルヒチン

コルヒチンには、白血球の働きを抑える作用があるため、痛みや腫れを起こす白血球からの炎症物質が放出されないように働きます。 ただし、あくまでも発作を抑える薬で、尿酸値を下げる働きはありません。

プラン・料金

コルヒチン(タカタジェネリック)
痛風発作抑制プラン
7272円
税込8,000円

・コルヒチン(タカタジェネリック) 10錠
※1回2錠で服用してください。

私たちの治療は複数の医学研究の
エビデンスに基づいています。

Drugs

処方薬について

体内で作られる尿酸を抑えるお薬(尿酸合成阻害薬)と、体外(尿中)に尿酸を出す働きを強めるお薬(尿酸排泄促進薬)を処方しています。

ベンズブロマロン
コルヒチン
アロプリノール
ベンズブロマロン

83.6%

痛風及び高血圧症を伴う高尿酸血症に対する有用性

尿酸の尿への排泄を促進します

MORE

尿細管での尿酸の再吸収を抑え、尿酸の尿への排泄を促進し高尿酸血症を改善する薬です

痛風及び高血圧症を伴う高尿酸血症を対象とし、尿酸合成阻害剤(アロプリノール錠100mg×3回/日)を対照薬とした二重盲検試験において、ベンズブロマロン錠(50mg×3回/日)の有用性が認められています。

 

利用方法

成人は1回2錠を1日1〜3回(ベンズブロマロンとして50~150mg)経口投与する。

食後に服用
1日2錠服用してください。
急性痛風発作がおさまってから使いましょう
・この薬は、急性痛風発作がおさまってから使い始めます。
・この薬の飲み始めに痛風発作が起こることがあります。
・水分を十分に摂ってください。
副作用

そう痒感

発疹

蕁麻疹

AST上昇

ALT上昇

胃部不快感

胃腸障害

下痢

軟便

胸やけ等

 

使用できない人

・肝障害のある患者

・腎結石を伴う患者[尿中尿酸排泄量の増大により、腎結石の症状を悪化させるおそれがある。]

・ 高度の腎機能障害のある患者

・妊婦又は妊娠している可能性のある女性

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

コルヒチン

80.0%

48時間以内に痛風発作から軽快

白血球が関節内の尿酸に作用するのを抑え、痛風発作を抑えます

MORE

痛風発作(発作的に起こる痛風の痛み)の緩和および予防を目的に使用します。 痛みや腫れを引き起こす白血球のはたらきを抑えるため、痛風発作が治まります。

 

また痛風発作には予兆が出る場合があり、本格的な発作が始まる前にコルヒチンを服用すれば、発作を抑える効果が期待できます。欧米の報告では1日1mgの服用で発作頻度が75-85%低下し、重症度も軽減していると報告されています。

 

参考:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン

 

1*Gutman AB: Treatment of primary gout: the present status. Arthritis Rheum 1965; 8: 911 920.

 

2*Paulus HE. Schlosstein LH. Godfrey RG, et al: Prophylactic colchicine therapy of intercritical gout. A placebo-controlled study ofprobenecid-treated patients. Arthritis Rheum 1974; 17: 509-614.

利用方法
<痛風発作の緩解及び予防>
成人にはコルヒチンとして1日3〜4mgを6〜8回に分割経口投与する。
発病予防時には成人にコルヒチンとして1日0.5〜1mg、発作予感時には1回0.5mgを経口投与する。
<痛風発作の緩解及び予防>
痛風発作の発現後、服用開始が早いほど効果的である。
大量使用又は誤用により、服用後数時間以内に急性中毒症状があらわれることがあるので、用法及び用量を厳守し、次の事項に注意すること。
・痛風発作の治療には1回0.5mgを投与し、疼痛発作が緩解するまで3〜4時間ごとに投与する。投与量の増加に伴い、下痢等の胃腸障害の発現が増加するため、1日量は1.8mgまでの投与にとどめることが望ましい。
・発作3〜4時間前に先行する予兆を感知したらできるだけ早く服用することが望ましい。
痛風発作の緩解
1日6回を目安に服用してください
痛風発作の予防
1日1回を目安に服用してください
副作用
  • 吐き気、吐く、下痢、腹痛
  • 発疹、かゆみ
  • 脱毛、精子の減少や異常
使用できない人
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
肝臓又は腎臓に障害のある患者で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤又はP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の患者
妊婦又は妊娠している可能性のある女性
アロプリノール

1960年

半世紀に渡って唯一のXOR阻害薬として使用

血中尿酸値を下げ、尿酸生成を抑制します

MORE

痛風の治療薬として世界中で広く用いられている薬です。 尿酸の合成を行う酵素、キサンチンオキシダーゼを抑え、血清尿酸値を低下させる事により痛風を改善します。

 

参考:添付文書

利用方法

通常、成人は1日量アロプリノールとして200〜300mgを2〜3回に分けて食後に経口投与する

 

血中尿酸値を測定しながら投与し、治療初期1週間は1日100mg投与が望ましい

食後に服用
1日2錠服用してください。
急性痛風発作がおさまってから使いましょう
・この薬は、急性痛風発作がおさまってから使い始めます。
・この薬の飲み始めに痛風発作が起こることがあります。
・水分を十分に摂ってください。
副作用
食欲不振
胃部不快感
軟便
下痢
全身倦怠感
脱毛
中毒性表皮壊死融解症
Toxic Epidermal Necrolysis
TEN
皮膚粘膜眼症候群等
使用できない人

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

FAQ

よくある質問

治療に関する情報や、自宅でできる簡単なケア情報などをお届けいたします。

Question

尿酸値の治療目標はどれくらいですか?

Answer

痛風発作を起こしたことのある方の場合、治療目標は6.0mg/dL以下とされています。痛風発作の既往がなければ、7.0mg/dL以下を目標としてください。